ごあいさつ

 仕事や人生の課題と向き合っているうち、ふと立ち止まって、色々考える時があります。

 その中で、いつも自分が、地域や周囲の環境に活かされているということに気づきます。

自分を活かしてくれる地域のために何かをするということは、決して他人のためではなく、自分のためだと思うのです。

 

 社会の基本は、人と人とのつながり。つながり次第で、地域社会が明るくなっていくと信じます。生活の糧である仕事や、守るべき家庭を大事にしながら、地域のために何ができるだろうか?

 

 多くのお金と人手がかかる大きな活動はできませんが、自ら考え、地域を支える草の根の活動を、「この指止まれ」方式で、行なっていきたいと考えております。

 

幹事:須賀原 友紀